離婚の際に文書を残さないと大変なことになる

離婚の際に文書を残さないと大変なことになる

離婚をしようと決意することは、意外と勢いでできてしまうものなのですが、離婚が決まった後の話し合いが実は厄介なんです。

「離婚よ」「ああ離婚だ」だけで離婚届けを出して終えてしまうと、後々トラブルになることも多いです。離婚が決まったら、まずはきちんと離婚後のことを話し合って、文書に残しておくことが重要です。

とはいえ、なかなか離婚の際の精神状態で冷静に話し合うことは難しいです。お互いに相手とは顔を合わせたくないですし、第三者を交えるのも面倒ですので、二人で安易な話し合いで手続きを進めてしまうことも少なくありません。

たとえば、養育費の問題です。毎月10万円で決めたとしても、文書に残しておかなくては相手が支払わなくなったときは面倒です。離婚直後は養育費を払っていたとしても、何年かたって相手が再婚したりすると、支払わなくなってしまうというケースも珍しくありません。

離婚直後は精神的にも冷静ではない状態ではありますが、きちんと文書に残しておくことでトラブルを最小限に抑えることもできるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚準備の際に知っておくべき最新情報

法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金
法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金

関連ページ

離婚の際に文書を残さないと大変なことになる
離婚をしようと決意することは、意外と勢いでできてしまうものなのですが、離婚が決まった後の話し合いが実は厄介なんです。 「離婚よ」「ああ離婚だ」だけで離婚届けを出して終えてしまうと、後々トラブルになるこ... 離婚の際に文書を残さないと大変なことになるの続きを読む>