離婚協議書の作成

離婚協議書の書き方

離婚協議書は離婚をする際には必ず作っておいたほうが良い書類ですが、どのように書けばよいか分からない人が多くいます。
ここでは、離婚協議書の書き方について説明します。
まず、離婚協議書は決まった書き方がありません。
紙はどんなものでもよく、書式は横書きで書くことが多いですが縦書きでも構いません。
また、ボールペンなどの消えない筆記用具を使っての自筆でもパソコンで打ったものでも効果があります。
署名は自分で書き、印鑑は実印を使うのが一般的です。
また、夫婦それぞれが保管できるように全く同じ内容の離婚協議書を二通作成します。
内容が多くて複数枚になってしまうときは、署名押印した印鑑で契印する必要があります。
もし記述内容に誤りがあると気付いた場合には訂正印で訂正することができますが、訂正方法を間違えてしまってその効果がなくなってしまうことも考えられます。
そのため、もし作成途中に間違いに気付いた場合は、面倒でも最初から作り直すことをお勧めします。
離婚協議書は、順に「第1条」、「第2条」と内容を書き、その下に作成した年月日と、夫婦それぞれの住所と氏名を記載し印鑑を押印するのがよくある書き方になります。
夫婦で作ることもできますが、不安なときは法律家の力を借りて作成することも必要になります。

離婚準備の際に知っておくべき最新情報

法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金
法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金