国民健康保険の手続き

国民健康保険の手続き

全て国民は何らかの保険に入らなければならない。
ここでいう保険とは健康保険である。
健康保険には、その運営団体により、いろいろな種類がある。
公務員が加入する共済組合健康保険、会社員が加入する健康保険、医師が加入する健康保険、その他まだまだあるがここでは省略して、いわゆるこれらの健康保険に加入していない人たちが加入する保険が、国民健康保険である。
年金を受給しておりそれ以外の収入がない人たち、あるいは自営業でどこの会社等にも所属しない人たち、が加入する保険で、国民はこのどれかに必ず加入しなければならない。
そして病院にかかるときなどにこの保険証を提出して診療を受けるのである。
健康保険を運営するために、その運営主体はそれぞれ率を定め収入に応じたいわゆる保険料を徴収することとなる。
病院の診察を受けるとき、または処方箋により薬局から薬をもらうときなどは、実際にかかった料金の3割のみを負担すればよいことになっているが、このときに残りの7割を負担するのが健康保険の運営主体である。

各市区町村などの役所が運営主体となっているのが、国民健康保険である。
この国民健康保険も住人の前年の所得により、あるいは役所によっては不動産をお持ちの方はその分も税率に換算される場合がある。
こうして国民健康保険料または国民健康保険税として、年に8回に分割されて納入することとなる。
給料を会社からもらっている方たちは、給料からの天引きで12回で引かれることとなる。
各種保険により、その税率や運営内容が異なるため、問題とされているところもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚準備の際に知っておくべき最新情報

法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金
法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金

関連ページ

衣類の整理
着衣といえば読んで字の如くである。 下着類から家で着る普段着、ちょっとしたお出かけ用のものから、冠婚葬祭用まで数え上げたら相当の数になるであろう。 それがびっしりとたんす類とかロッカー類に詰め込まれ... 衣類の整理の続きを読む>
個人の引越し
引越しにも個人での引越しと、会社や団体の引越しとがある。 ここでは個人の引越しについて述べる。 個人でも全くの単身者の引越し、そして数人の家族での引越しなどがあるが、基本的には同じ引越しであるが、そ... 個人の引越しの続きを読む>
ガラス類の整理
ガラス類というとあまりにも客観的になるがガラスでできた物は数限りある。 ガラス窓、花瓶、食器、昔のテレビのブラウン管、ミキサー、ビール瓶、その他のビン類、工芸品、などなどガラスが使われている物はまだ... ガラス類の整理の続きを読む>