子供の親権

離婚と親権

子供を抱えている家庭では、離婚後に夫婦のどちらが親権を取るかは、子供の一生を左右する大きな問題です。

欧米諸国では、離婚後に共同親権を行使することが認められている国も多いのですが、日本では基本的には親権は片親となっているため、離婚前にきちんと話し合いで決めておかなければいけません。

親権は、子供が複数いる場合でも、基本的には全てまとめて一人の親にするのが一般的。子供がある程度の年齢になっている場合には、子供によって親権を分けるという選択もできますが、子供の年齢が低い場合には、それは不可能です。離婚する前に別居期間がある場合には、別居期間に親権を持っていた親が離婚後の親権も行使できることが多いようです。

親権は、親のエゴで決めるのではなく、離婚後の子供の生活を考えながら冷静に話し合う事が必要です。子供が乳幼児の場合には母親が優先、子供がある程度の年齢に達していれば子供の意見が優先、片親に精神的なダメージやDVなどがある場合には健康な方が優先されるなどの基準はありますが、不貞行為をしたから親権が取れないということもありませんし、専業主婦だから親権が取れないということもありません。

一般的には、子供が10歳未満なら親権は母親、15歳未満なら子供の発達も考えながら子供の意思も考慮、20歳未満なら子供の意見が尊重されることが多いようです。そして子供の年齢が20歳を超えている場合には、親の離婚で親権をどちらかに決める必要がありません。

離婚準備の際に知っておくべき最新情報

法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金
法的証拠になる浮気調査の方法と料金相場がすぐわかる 家やマンションを高く売る 母子家庭の助成金
日本の場合におきましては、協議離婚の際に親権を父母で争った場合には、多くの場合におきまして、母親が親権を指名されるケースが高い割合である事が事実です。しかしながら少ない割合ですが、父親が指名されている...
専業主婦が夫の暴力や性格の不一致などで離婚をする場合、まずは安定した収入を確保する必要があります。職業訓練校などに通えば、就職に有利な能力を身に付けることができるので、離婚を考えた時から行動に移す必要...
母子家庭の生活支援の一環として保育料の減免は有りますが、お母様の収入の額によって条件が異なります。また、助成が手厚い県とそうでない県がございます。私の住んでいる横浜市は確かに各方面の減免制度はございま...